インスタ

Instagram

2016年5月2日

2016/05/02 大阪私市地区の野鳥 サンコウチョウ♂ Wild bird shooting Osaka Kisaichi


里山のサンコウチョウ物語(1)がいよいよ始まった

  調査を兼ねて里山に入り、サンコウチョウの水浴びの為に渓流を掃除し、葉っぱや泥を丁寧に一時間掛けて掃除
  を行い。彼らの為の止まり木になる竹も見つけてセットしてあげた。

  毎年の恒例の行事である。亡K氏との約束毎でもあり出来るだけ水浴び場所は綺麗にしてあげたい。一年前にセ
  ットした止まり木もそのままであったのでこれを撤去して新しく設置しスタンバイOK!

  裏手の山より、彼の声が聞こえて来たのでカメラを構えたが「高い樹枝止まり」で暗い高いで絵にならず。その
  内に顔なじみのカメラ仲間も増えて、いよいよ本格撮影。あの水浴び箇所にも止まり、5回も水浴びをしていた
  のでこれでもう安心だ。(ヒヨまで水浴びしていた(笑))

  そうこうしている内に「あの鳴き声」は、と云う事でアオゲラ登場。いいねぇ~スタートからGOODです。
  















2016/05/02 大阪私市地区の野鳥 アオゲラ Wild bird shooting Osaka Kisaichi


しかし、高い木に止まるので下から撮影すると変顔になるアオゲラだが、今年初撮影で良かった









2016年5月1日

2016/05/01 山田池公園の野鳥撮影 異種キビタキ♂ Wild bird photography of Yamadaike koen


異種キビタキは、リュウキュウキビタキなのか!?

  どうもおかしい、キビタキとは異なる「背中」は、黄色線が見えない。カメラ鳥仲間も本日掲載した「かも知
  れないリュウキュウキビタキ」も彼の連絡を受けて撮影した。

  大きな鳴き声であちらこちらに飛び回って「淀川で撮影」した昨日とは大きく異なる。背中後方部に通常ある
  黄斑も無いので明らかに異種である。ネットでも検索したが「ちと本土のキビタキ」とは、異なるようである。

  遠い撮影なので良く確認出来ないが異種である事のみ理解出来た。それでは、証拠写真的ではあるが掲載して
  おきましょう。 大きく「掲載」されている画像は、Yayo mune プログ へどうぞ。











2016年4月30日

2016/04/30 淀川河川敷枚方地区の野鳥撮影 キビタキ♂ Wild bird photography of Yodogawa riversid


またまた昨日同様更に近接撮影のキビタキ

  淀川河川敷枚方地区には、現在「キビタキ♂、オオルリ♀」が早い午前中と正午頃から出没しカメラマンを
  楽しませてくれている。 本日は、やはり正午過ぎ「この辺り」と目星を付けていた所に発見し、他のカメ
  ラマンに声を掛けた(なんだか、昨日のパターンと同様である)

  今回のキビタキは、昨日より更に接近したのでズームレンズを下げたくらいで大接近もあった。他のカメラ
  マンも驚くほどの近さだ。(目の前の枝に止まっているので尾っぽが入りきらない)(笑)

  その後、オオルリ♀も出て来たが、こちらは「高い枝」ばかりでちと絵にならない。情報としては、ササゴ
  イは、連休で子供達が天の川で水遊びが始まったのでオイカワゲットは、ちと無理なようである。

  更に、4/25以降コジュケイは、鳴き声も殆ど聞く事が出来ないので「抱卵」の可能性も出て来た。さて、明
  日は、気温も高そうなので里山にでも入ってサンコウチョウ調査でもしてみたい。山田池公園には、昨日も
  本日早朝に確認及び証拠写真もA氏が出していた。いよいよサンコウチョウの季節になった。