インスタ

Instagram

2017年5月26日

2017/05/26 淀川河川敷枚方地区の野鳥撮影 マガモ(Mallard), チョウゲンボウ(Common Kestrel), ササゴイ(Green-backed heron), カワセミ(Kingfisher), Wild bird'photography of Hirakata Yodogawa riverside.


  さて、今朝は「修理した電動自転車」のテスト走行で電動効き具合やスタンド解除などの調子を
  見るべく7時過ぎに出発した。走らせるがトルク負担は感じない。帰路の坂道でどうなるのかが
  判定基準になるだろう。

  いつものコースで天の川から淀川に出ると、マガモ親子発見6羽無事に居るので、まずは撮影
  し、チョウゲンボウヒナの巣立ちの有無確認すると、既に4~5人の鳥撮り仲間あり。今日のハイ
  ライトは、ヒナが巣の中で羽を広げてバタバタとした。この分だと一番子は、明後日出て来る可
  能性が高そうだ。しかし、母親は入り口で餌誘導しておらず、中に入って餌を与えている。

  チュウシャクシギやコアジサシも見当たらないので、カワセミ♂が盛んにホバーしながら餌取りし
  ていたので久々にホバー撮影してみた。天の川に向かうとササゴイが4/24初回撮影した以降
  一ヶ月振りに姿を捉えた。二度淀川から来て上流に飛び去った。

  昼食後、ブラッと自転車で走ったが目新しい野鳥現れず帰ろうとすると「コジュケイ」が鳴いたの
  で自転車を回すと目の前のブッシュに入った。暫く待っていると先の茂みから出て道路をスタコ
  ラサッサと移動してしまった。カメラを構える暇なし(苦笑)。

  2時前になったので天の川から帰路コースを走っていると、イズミヤ裏になんと「ササゴイ」が居
  たので再度「三脚」セットして撮影開始したが、やはり極端に魚が少ないので彼は捕獲する事が
  出来なかった。オイカワの遡上が遅れているようだなぁ。今日のTOP画像は、今季二度目のサ
  サゴイとしておこう。

ササゴイ(4/24以降二度目の撮影)








チョウゲンボウ(ヒナが羽根を広げる行為)




親子

♂♀の餌渡し(野鳥のようだ)

母親が巣の中に餌を与えに行く。


カワセミ(ホバーと食事)









マガモの親子





イワツバメの親子






2017年5月25日

2017/05/25 徒然なるままに書き留めておこう。


  朝から雨になり午後回りで自転車修理しておこう。パンクすると押して帰る羽目になるからね(苦
  笑)。電動自転車もう6年乗っているので、なにやら電動が効いたり効かなかったりして重たく感
  じる。スタンドもおかしいし、タイヤに亀裂が二ヶ所も入っている。当分、気温が低いので淀川通
  いかねもね。里山の目安気温は、29℃以上必要なんだね。

  正午になってGoogle GPSに東香里「自転車屋」をインプットして「音声」を頼りに出掛けてみた 
  が、閑静な住宅街は坂道ばかりで、こりゃ大変なコースである。10分も走れば目的の自転車屋
  さんに到着した。

  「サイクル フラワー」禁野「イズミ屋前」で営業していた「町の自転車さん」であり、此処で電動
  自転車を6年前に購入したのだ。到着した時には「新品自転車」を車に搭載している最中であり
  「ん!やっているなぁ」と正直嬉しかった。

  タイヤ交換と電動シフトの異常、スタンド異状も告げたが、スタンドは壊れており「回避策」を教
  しえてくれた(笑)。 自転車保険にも入り、調整修理出来るまで「近くのツタヤ迄」移動した。

  やはり、横手にパン工房もあり「女性客」で賑わっているようで「システム」を知らないのでコーヒ
  単品を頼むと「ない」との返事。パンも含めて飲み物含めてだとか。コーヒと喫煙出来ればいい
  のでミニカップのアメリカンで380円は、高すぎる(笑)。

  ま、いいか。雨上がりのベランダ゛(室内満員=暇人は女性ばかり)で、喫煙しながら「スズメ」と仲
  良しになるがパンく屑も無い。

  満員で追い出された「私と同年代女性二人、」が、ベランダで陣取りやせ我慢しながら飲み物を
  取に行った「その狭間」、スズメが彼女二人が持って来た「パン」にかじりついた(笑)。

  一人は、慌ててスズメを追い払い「食われたパン」を持って店内に消えるが、相方のバン処理し
  なかったので「スズメ」は、相方のバンにも降りて食べている(笑)。

  こちらは、ただ黙って見ているだけ。ま、リスクは野外の方が多いのだわ。おっと肝心の自転車
  は、整備されてタイヤ後輪も新品になって電動トルクもスムーズになり帰路は快適でした。

  今日の仕事は、電動自転車6年目の浮気ならぬメンテナンスでした。さて、明日は颯爽と淀川
  デビューさせてあげようぞ。

  ブログタイトルも日記風にしてもいいんだなぁ。やっとフリーになったのだから(笑)。

2017年5月24日

2017/05/24 淀川河川敷枚方地区の野鳥撮影 マガモ(Mallard), チョウゲンボウ(Common Kestrel), Wild bird'photography of Hirakata Yodogawa riverside.


  昨日の15日目「里山撮影」は、散々な惨敗で9時前にサンコウチョウ鳴き声するも姿確認出来
  ず終いで一回のみ。アオゲラが横合いを鳴きながら飛んで行く姿を見たのみでやって来ず。エ
  ナガ、ヤマガラ、コゲラ確認し、キビタキとヤブサメの鳴き声を聞くのみでシャツターチャンス無し
  でむなしく帰宅。

  今朝は、曇天で気温上がらずと言う予報で「淀川河川敷」へ電動自転車で出かける事にしたが
  タイヤ不安もあり慎重に運転する。天の川でマガモ親子が減少しているらしく昨日では8羽にな
  ったと掲載されており「まずはマガモ親子」を探す。居た~が、なんとヒナ6羽になっていた。なん
  とか生き残って欲しいものだ。
マガモ親子




奥の一羽のみ離れているので見守っている。
  
  

  続いてチョウゲンボウのヒナ撮影に向かう。一昨日は、ここで嫌な光景を見た事を思い出すが
  リセットしてヒナのみに集中していると、顔を出してくれたので満足(笑)。

鳴いているのかな。

興味津々な様子



 母親は、艶も良いし健康的




父親は、餌取りでもうクタクタポロポロ。頑張れよ!


 

2017年5月22日

2017/05/22 交野市くろんど園地周辺の野鳥撮影 サンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher), Wild bird shooting Katano Kurondo orchards around


  今朝も5時過ぎ起きして「家内」に小言を言われる始末であるが、何もしなくていいのに気になる
  ようで、6時には起床してきた(笑)。この頃の朝食は、6時過ぎとなり食後はベランダで一服する
  日常生活である。ベランダからウォーキングする人々や野鳥達を見ているのが面白い。

  学生は、信号を守り年寄りは信号無視しながらウォーキング…年寄りの方がホント始末に悪い
  がな(苦笑)。7時過ぎに定例の里山通い開始するも、この頃サンコウチョウは殆ど観察出来て
  いない。ま、オオルリやわ出来たらアオゲラを撮影したいなぁと、バイクで出かける。

  山道に入った途端「気温が一気に下がる」のでヤッケを着て、山道を上がり更に進む。今日も
  ヒヨドリ、ヤマガラの鳴き声が聞こえ、南竹林からは「キビタキ」の声も。9時過ぎにI氏登場し20
  分辺りから北斜面から「サンコウチョウ」の鳴き声がする。杉林を見上げると高い木々の上を飛
  び回るサン子ちゃんを発見し、シャッターを切るが枝被りやら空抜けの連続...やっと数枚全身画
  像が撮影出来た。サン子ちゃん画像は、証拠画像一件だけなので不本意ながら満足(笑)。

  以後、バッタリ鳥の声がせず早めの昼食を摂り山道を歩くがさっぱりダメ。そんな時に淀川行の
  鳥撮り仲間からメールあり。仕方無いので淀川河川敷へ向かって移動開始した。

サンコウチョウ♀(サン子ちゃんやっと撮影出来た) 14日目






  番外編 淀川河川敷のチョウゲンボウヒナが出て来たと云うメッセージを受け取りバイクで自宅
  近く迄引き返し、裏道を通って淀川枚方駐車場に到着。熱い陽射しで里山とはえらい違いだ。

  早速、どんなヒナが出て来たのかと画像を見せてもらうと「ありゃ、昨日投稿されていた画面」と
  同じで顔をちよっと出したヒナ・・・てっきり外に出て来たと(苦笑)。

チョウゲンホウ♀母親

  わいわいガヤガヤしていると淀川岸から4~5Mの所で水死体が流れて行く。皆一瞬、えらい者
  を見てしまったと・・・もう誰かが警察に連絡したらしくパトカー、消防車がサイレン鳴らしながら
  やって来る。ヘリコプターが上空にホバーしながら位置確認している。枚方及び高槻側からもゴ
  ムボートが出され救助に向かう。しかし、チョウゲンボウ処では無くなってしまった・・・

  しかし、こんな場所でバーベキューしている御仁達もえらい日にあたってしまったね。